この世は夢のごとくに候

~ 太平記・鎌倉時代末期・南北朝時代・室町幕府・足利将軍家・関東公方足利家・関東管領等についての考察や雑記 ~

足利尊氏

八朔と足利兄弟

今日は「八朔(はっさく)」です。
八朔とは、八月朔日(8月1日)の略で、本来は旧暦の8月1日を指すのですが、現在は新暦の8月1日(つまり今日)も八朔と云い、かつて八朔には、日頃お世話になっている人達にその恩を感謝する意味で贈り物をするという習慣がありました。
この時期は早稲の穂が実るので、農民の間で初穂を恩人などに贈る風習が古くからあったそうで、その風習が公家や武家にも広まり、全国的な風習として広まっていったそうです。

現在、八朔の風習はほとんど廃れてしまい、一般的なものではありませんが、京都を代表する花街として知られる祇園一帯では、新暦の8月1日に芸妓や舞妓がお茶屋や芸事の師匠宅へ挨拶に回るという風習が、八朔の伝統行事として新暦の現在も残っています。
礼装の黒紋付き姿の芸舞妓達が、「おめでとうさんどす。相変わりませず、おたの申します」とにこやかに挨拶を交わしながら祇園を行き交うその艶やかな風情は、夏の京都の風物詩にもなっています。

ところで、事実上の平氏政権である北条幕府(鎌倉幕府)を倒し、源氏の棟梁として新たに京都に幕府を開いた足利尊氏と、おおらかで気前が良かった反面かなり優柔不断な性格でもあったその尊氏とは対照的な性格であった、尊氏の弟・足利直義(ただよし)は、実の兄弟でありながら全くタイプの異なる武将でしたが、この二人の性格の違いを物語る逸話としてよく知られているのが、八朔の贈り物のエピソードです。
厳格な性格の直義は、八朔の習俗そのものを「無駄なもの」として嫌い、八朔の贈り物は、「賄賂は受け取らん」と言って誰からも一切受け取らず、贈られた物は全て送り返したと云われています。

それに対して、国師号を賜った当時の高僧・夢窓疎石(むそうそせき)から「勇気、慈悲、無欲の三徳を兼備した前代未聞の将軍」と評された尊氏は、山のように届けられる八朔の贈り物を全て受け取り、その上で、貰ったそれらの贈り物を、自分に挨拶に来た人々に惜しげもなく全て分け与え、自分の手元にはいつも何も残さなかったと云われています。
尊氏も直義も、お互いに自分の手元に八朔の贈り物は何一つ残らなかったという「結果」は同じなのですが、その結果に至る「経過」が、二人の性格の違いを如実に反映しており、興味深いです。

ちなみに、直義は、当初は献身的に兄の尊氏を支え、尊氏が京都で幕府を開いた時は、尊氏とは阿吽の呼吸で新政権を運営していましたが、後に尊氏と対立し、その対立は「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)という、全国を二分する兄弟間の戦争に発展し、最後は尊氏に敗れて無念の死を遂げました。
後醍醐天皇崩御の後、南朝の勢力は衰退する一方で、誰もが南朝は近いうちに消え去るだろうと思っていたのですが、北朝陣営の内ゲバともいえる尊氏・直義兄弟の争いが、結果的に、北朝と対立関係にあった南朝方を利する事になり、南朝はその後も暫く存続し続ける事になるのです。


にほんブログ村 歴史ブログ 鎌倉・室町時代へ

にほんブログ村

足利尊氏のテレホンカード & 楠木正成の甲冑模型

今日の記事で紹介させて頂くのは、私が所有している、足利尊氏のテレホンカード(台紙付)と、楠木正成の甲冑模型です。
いずれも、今から十数年前にネットオークションで落札したものです。

足利尊氏テレカ

楠木正成の甲冑模型

戦国時代から江戸幕府成立期にかけての武将達のグッズや、幕末から明治維新期にかけての志士達のグッズ、その志士達と敵対した新選組のグッズなどは、探せばいくらでもありそうですが(実際、そういう専門店も、専門通販のサイトを見た事もあります)、このような南北朝時代の武将の関連商品というのは、結構珍しいのではないかと思います。

何せ、南北朝時代や、室町時代の前半期・中半期というのは、残念な事にほとんど人気が無い時代ですからね。NHKの大河ドラマも、一部例外はあるもののその大半は、戦国時代か、幕末維新期のドラマばかりですし…。
ちなみに、その例外に当たる昭和54年の大河ドラマ「草燃える」と、 平成3年の「太平記」の両作品は、歴代大河ドラマの中でも特に名作だと私は思っています。「草燃える」については、かなり古い作品故、総集編でしか見た事はありませんが。


にほんブログ村 歴史ブログ 鎌倉・室町時代へ

にほんブログ村

かつては最も代表的な尊氏の肖像画とされた、南北朝時代の騎馬武者像

このブログのタイトル「この世は夢のごとくに候」の背景画に使っている画像は、よく知られている「南北朝時代の騎馬武者像」の一部です。
江戸時代後期の博物図録集「集古十種(しゅこじっしゅ)」に紹介されている騎馬武者像で、オリジナルの画像は現在、京都国立博物館が所蔵しています。

南北朝時代の騎馬武者(伝足利尊氏)

今では別の武将であるという説が主流になっていますが、この画像は近年まで、室町幕府を創設した足利尊氏の最も代表的な肖像画として広く知られ、中学校や高校の歴史教科書にも、尊氏の肖像画として長い間掲載されていました。
実際、この時代を題材とした歴史・伝記等のマンガに登場する尊氏や、そういった小説の挿絵などに登場する尊氏の中には、今でも、一見して明らかにこの騎馬武者像をモデルにしていると判別できる絵柄が多くあります。

そもそも、この画像が尊氏の肖像画であるという通説は、大正9年に歴史学者の黒板勝美氏が論文の中で尊氏だと紹介した事に始まり、それ以降、この画像が尊氏像として定着しました。
しかし、早くも昭和12年には谷信一氏がその通説に疑問を呈しており、戦後の昭和43年には、古文書学の大家である荻野三七彦氏がこれは尊氏ではないという論考を発表し、注目されました。
尊氏否定論の根拠とされたのは、主に以下の3点です。


① 画像の上部に据えられた花押
この花押(サイン)は、尊氏の息子で2代将軍となった義詮(よしあきら)のものであり、当時の社会通念上、父の頭の上に子が花押を書くなどという不遜な真似をするのはおかしい。

② 画像のなかの家紋
画像の中の太刀と馬具に描かれている家紋は輪違紋で、これは足利家の家紋ではない。

③ 騎馬武者の格好
軍装の整った出陣姿ではなく、兜を落としたのかざんばら髪を剥き出しにし、背負っている6本の矢のうち1本は折れ、太刀は抜き身であり、征夷大将軍の肖像画としてはかなり異様。というか、明らかに相応しくない。


これらの点(他にも、尊氏の馬は栗毛と伝わるがこの馬は黒毛であるという指摘もあります)から、現在は、この騎馬武者像は尊氏ではなく、別の武将であるという説が有力になっています。
では、この騎馬武者は具体的に誰なのかというと、残念ながら、それはまだ確定しておりません。
しかし、義詮周辺で輪違紋を用いた有力な武将としては、足利家の執事であった高師直(こうのもろなお)がおり、この画像は、師直、もしくはその息子の師詮(もらあきら)を描いたもので、師直・師詮の忠誠をあらわすために描かれ、義詮の花押は、その忠誠心に対する証判の一種ではないか、という説が近年は有力なようです。

ただ、この騎馬武者像が尊氏であろうと、師直もしくは師詮であろうと、あるいはそれ以外の武将であろうと、重厚な大鎧を身に付け、柄が大きく反った金作太刀(こがねつくりのたち)を肩に担いで黒馬に跨っている姿は実に勇壮で、南北朝時代の上級武将の武装の特色をよく伝えており、また、激戦の様を示す、抜き身の太刀、武将の鋭い眼光、躍動感溢れる馬の姿態なども、南北朝動乱の凄まじさを実によく伝えています。
そのため、この騎馬武者像はこのブログに相応しいものと思い、このブログのタイトル画像に、その一部を使う事にしました。

ちなみに、最近は、京都の神護寺にある、平重盛を描いたと伝わる肖像画が、実は尊氏を描いたものではないか、という説も出てきています。


にほんブログ村 歴史ブログ 鎌倉・室町時代へ

にほんブログ村
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ