室町幕府を開きその初代将軍となった足利尊氏という人物の人柄・評価・魅力などは、平成26年4月20日の記事同年5月4日の記事昨年10月12日の記事などで詳述しましたが、今回の記事では、その尊氏が直筆し今も残っている書状等の一部を、以下に紹介させて頂きます。
必ずしもそうとは言い切れないのでしょうが、大凡の傾向として、尊氏の直筆文書は、あまり豪快とは言えない線の細い文字が多い、という印象を受けます。

足利高氏願文
▲ 足利高氏自筆 願文

1333年4月、尊氏は、鎌倉幕府の命令により、西国の討幕勢力を鎮圧するため幕府方の司令官として鎌倉を発して上洛しますが、自身の所領である丹波の篠村八幡宮に到着した際に、後醍醐天皇方に転じて討幕する意思を内外に明らかにしました。この文書は、その時に源氏再興を祈って尊氏が奉納した願文です。
ちなみに、尊氏は、北条氏の得宗から偏諱を受けるという足利氏の慣例に従い、鎌倉時代は、得宗・北条高時の偏諱を受けて「高氏」と名乗っていましたが、鎌倉幕府の滅亡後は、後醍醐天皇の諱「尊治」から偏諱を受けて「尊氏」に改名しており、この文書での自身の署名は、当初名乗っていた「高氏」となっています。

足利尊氏御判御教書
▲ 足利尊氏自筆 御判御教書

1336年1月、尊氏は楠木正成と宇治川で戦いましたが、同年7月になっても、南朝方の残党がまだ宇治橋辺りにいたらしく、この文書は、そういった状況から、尊氏が越中四郎左衛門尉に対して宇治橋に馳せ向かい軍忠を致すべきよう命じたものです。

足利尊氏自筆清水寺奉納願文
▲ 足利尊氏自筆 清水寺奉納願文

1336年8月17日に、尊氏が清水寺に奉納した願文で、意訳すると以下の通りです。
この世は夢のようなもの。もはやこの世で望むものはありません。私は出家しますので、来世の幸福をお与え下さい。現世の幸福は、弟の直義に譲ります。直義をお守りください。」
尊氏はこの年の5月に湊川の合戦で楠木正成を敗死させ、6月に光厳上皇や豊仁親王を奉じて入京し、そして、8月には豊仁親王を光明天皇として擁立し、その2日後に、この願文を奉納しています。当時、政治権力が尊氏に集中しつつある時に、尊氏はその権力に執着を見せるどころか出家を望み、後生の安穏を願い、今生の果報は弟の直義に与えて下さいと祈願しているのです。尊氏の優しさと、心の弱さを垣間見る事が出来る文書です。
そして、後に尊氏と直義は激しく対立して争う事になりますが(観応の擾乱)、この時点ではまだその片鱗は全く見えず、当時は非常に仲の良い兄弟であった事も伝わってきます。
ちなみに、ブログタイトルの「この世は夢のごとくに候」は、この願文の冒頭の一文から拝借しました。

足利尊氏寄進状
▲ 足利尊氏自筆 寄進状

1343年7月12日に墨書された、吸江庵(きゅうこうあん)という庵に対して、土佐国稲吉村地頭職を寄付するという内容の寄進状です。吸江庵は、夢窓国師が土佐国に建てた庵で、この寄進状は、夢窓国師が吸江庵のために尊氏に所領の寄進を願い出て、与えられたものと見られています。
ちなみに、前出の書状「御判御教書」や「清水寺奉納願文」で使われている年号は、いずれも「建武」ですが、この書状では、北朝でだけ使用された「康永」という年号が使われています(但し、南朝は建武2年で終わっているため、建武3年と同4年は北朝でしか使われていません)。

足利尊氏花押文書
▲ 足利尊氏自筆 花押文書

1353年4月2日に、結城三河守に宛てた、尊氏自筆の感謝状です。この文書でも、北朝で使用された「文和」という年号が使われています。

足利尊氏自筆の梁牌
▲ 足利尊氏自筆 梁牌

1354年12月8日に、尊氏が天下泰平を祈って自ら謹書した梁牌(りょうはい)です。梁牌というのは、仏殿の天井などに掲げられる棟札の事です。

足利尊氏直筆の八幡大菩薩の文字
▲ 足利尊氏自筆 八幡大菩薩の文字

尊氏が書いた「八幡大菩薩」の文字です。八幡大菩薩は、源氏一門の氏神である八幡大神という神様の、仏としての呼び名です。
そういえば、昔、大河ドラマでの合戦シーンで、主人公(甲冑を身につけた源氏方の武将)が、馬上より「南無八幡大菩薩!」と叫び、八幡大菩薩に武運と御加護を願ってから敵陣に突進して行く、というシーンを見た事があります。戦乱の世では、八幡大菩薩は武の神、弓矢の神として、多くの武将達から信仰されていたようです。
ちなみに、「薩」の下には、他の文書同様、尊氏の花押(サイン)が書かれています。

足利尊氏自筆の地蔵菩薩像
▲ 足利尊氏自筆 地蔵菩薩像

尊氏は地蔵信仰が厚く、地蔵菩薩像を多く描きました。尊氏は、悲しい事が起きると地蔵菩薩の絵が描きたくなるという変わった癖があった、とも云われています。まぁ、特に迷惑というような癖ではないので、別に構わないと思いますが(笑)。


にほんブログ村 歴史ブログ 鎌倉・室町時代へ

にほんブログ村