今月は、上旬から中旬にかけて、特に仕事が忙しかったのですが、その忙しさも概ね一段落したので、買ってはいたもののまだ未読だった書籍などを、これから集中的に読書していきたいなと思っています。

CIMG1696

上の写真に載っている本が、これから私が読んでみようと思っている、南北朝時代・室町時代・応仁の乱関係の4冊です。
一昔前だと、南北朝時代や、室町時代(但し戦国時代は除く)について書かれた本は、専門書などを除くとほとんど無かったように思いますが、最近は、南北朝時代や室町時代について解説されたこういった一般書が徐々に増えてきており、以前よりは、こういった時代を書籍で調べたり勉強したりする事について、敷居が低くなってきていると思います。良い事です!

大規模な争乱ではあっても全体的には地味な印象があるため今まであまり注目されてこなかった「応仁の乱」に関する本も、最近は、やはり出版される機会が増えています。応仁の乱は、日本最大の内乱なのですから、確かにもっと注目されてもよいですよね。
応仁の乱といえば、数ヶ月前、応仁の乱に関する、興味深いツイートをネットで見つけました。以下の画像がそのツイートですが、複雑極まりない応仁の乱を、非常に簡潔に、それでいて適格に要約しており「なるほどな」と思いました(笑)。

応仁の乱ツイート

南北朝時代、室町時代、それに応仁の乱は、それぞれの時代や戦乱を代表する名君や武将は勿論いるのですが、後の世の信長・秀吉・家康程に抜群の知名度や人気を誇る英雄はほとんどおらず、それでいて、泰平の世の江戸時代になってから武家に定着した「武士は二君に仕えず」のような価値観や倫理はまだ無かったためいとも簡単に寝返りを繰り返す時代でもあり、そのため、敵味方の勢力が入り組んでいて、他の時代に比べると、各勢力の変遷などが非常に複雑で分かりづらいです。
そういった事から、南北朝時代や、室町時代の前期から中期にかけては、源平の合戦の時代、戦国時代、幕末など一般に人気の高い時代に比べると、「能力的にもカリスマ的にも突出した英雄がいるわけではないのであまり面白くなく、それでいて、もの凄く複雑で分かりづらい」といった印象を持たれる事が多かったですが、こういった解説本が増える事で、そういった世間一般の印象が少しでも和らいでくれれば、私としては個人的にとても嬉しく思います。


にほんブログ村 歴史ブログ 鎌倉・室町時代へ

にほんブログ村